読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トライアスロンときどきバードウォッチング

タイトル名を「トライアスロンときどきヒルクライム」に変更しようか悩むほど、鳥見をより運動することに夢中のバードアスリートです。

富士ヒルクライム試走(シルバーの道は険しそう)

朝起きたら悪寒。しかも外は雨。試走に行けるチャンスは今日が最後。さてどうする。

雨が止み、体調が回復することを願いつつ、とりえず朝食。角煮まんをおかずに、玄米を食べる。健康的なんだかどうなんだか。栄養を摂取したら少し元気が出てきた。
女子ワールドカップ(アメリカvsオーストラリア)をTV観戦しながら、富士ヒルのコースや準備物を入念にチェック。下山時がかなり寒いらしい。
そうこうしているうちに、地元は雨が止みはじめた。天気予報では山梨も昼から雨が止むらしい。よし、行ける。
車にチャリを積み、10:30出発。ノンストップで12:30には富士北麓公園に到着。意外と近い。
それにしても富士の麓はむちゃくちゃ寒い。だって気温15℃。ここまで来てDNSか。
でも車の中でキビタキや大型キツツキ類の鳴き声が聞こえ、テンションアップ。

f:id:birdathlete:20150610222949j:image
いざ、試走。

スタート位置を間違えていないか確認するためにも2kmほどアップがてら登る。赤城山ヒルクライムと違って、「計測地点」「あと◯km」の看板はないんですね。一度料金所まで下り、再スタート。
 
・料金所〜1合目  18:02
事前のリサーチでは、この区間の勾配がキツイらしい。しかもヒルクライム赤城山以来8ヶ月ぶり。
でも意外と平気で、ヤビツ峠の蓑毛の方がつらいぐらい。
心拍数はLTHRの176を推移。一合目は、シルバー切りのペースより50秒遅く通過。
f:id:birdathlete:20150610093813j:image

2合目まで  11:59
勾配は緩くなり、霧が出てきた。対向車に怯えながらも速度を上げる。
他のことはよく覚えてません。
f:id:birdathlete:20150610093829j:image

 
・3合目まで  13:05
野鳥のさえずりを聞きながら自転車を漕いでいることに幸せを感じ、自然とニヤニヤ顔(リアル坂道くん)。久しぶりのヒルクライムは、2つの趣味を同時に楽しめることを思い出しました。
そういえば、野鳥に気を取られて、コースプロフィールが頭に入らない。これって、レースに向けた試走になっていないのでは。
・確認種:ホトトギスコルリコマドリ、メボソムシクイ。
f:id:birdathlete:20150610093842j:image
 
 
・4合目まで  18:10
3合目まではあっという間だったけど、4合目の看板はなかなか現れなかった。どうやら3合目の看板がちょうど半分の距離らしい。

f:id:birdathlete:20150610093852j:image
(このロードに乗っていたご夫婦、すごく楽しそうだったな。というかホイールがすごい)

・5合目まで  19:07
-1〜3%の緩斜面が登場。トライアスロンのバイクパートのようにTTポジションをとり、スピードアップ。
このままゴールかと思いきや、バスの駐車場が見えたあたりから再び勾配がキツくなる。
 もがきながらも、ギャラリーが多かったので涼しい顔でゴール。

・1:20:26  23.31km 78rpm 177/187 
シルバーには5分届かず。まぁ、本番はそれぐらい速く走れるでしょう。