読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トライアスロンときどきバードウォッチング

タイトル名を「トライアスロンときどきヒルクライム」に変更しようか悩むほど、鳥見をより運動することに夢中のバードアスリートです。

10/25 紅葉チャレンジトライアスロン

朝4:30起床。若干頭が痛い。風邪?いえ、徹夜明けでチューハイ4缶飲んだダメージです。

朝飯食べて、5:10には出発。家を出ると、風が吹いていることに気がつく。しかもビュービュー。現地に向かうラジオの情報では、沿岸部は波浪警報が出ているそう。洗濯物が飛ばされないか心配(この時にはレース会場を心配するところまでは気が回らなかった)。

渡良瀬遊水地付近に到着すると、カーナビの設定を間違えていたことから、カンチェラーラも驚くような悪路を進む。砂利道で石を飛ばしながら走る。以前にバードウオッチングで通ったことのある道だったから安心していたけど、そうでなかったら不安で途中で引き返していた。砂利道を走ること10分。ようやく会場に到着したのは7:00。
f:id:birdathlete:20151025164748j:image
本日の会場となる、渡良瀬遊水地の谷中湖。
 
受付に向かう準備をしていると、近くにいた女性たちの会話から、(・・・マラソン大会・・・)というフレーズが聞こえる。そうか、風の影響でスイムが中止になるのか?苦手な種目がなくなるからいいかな。ん、マラソン?バイクは?バイクがなくなるなんてないでしょ。と考えながら受付に向かって歩いていると、張り紙を発見。
f:id:birdathlete:20151025165233j:image
 
マラソン大会でした(;゜0゜)
 
スータートと誤字に気がつかないほどの衝撃。
しかもランニングだけなのにスータート時間の前倒しはなく、スータートまで2時間半も待つのがつらい。帰りたい。けど、参加料金15,000円の元を少しでも取り返したい。
 
どーする。
 
帰るか。
 
走るか。
 
グダグダ悩む。
 
長考の末に出した結論は、
 
・・・
 
・・・
 
・・・
 
車に戻り、
 
・・・
 
・・・
 
昼寝。Zzz ( ̄~ ̄) 
 
 
 
現実逃避は寝心地の悪さからたった30分でお目覚め。その後、車でコンビニまでお出掛けしてコーヒーとパンを購入。カフェイン効果でやる気が漲る(4日前からカフェイン断ちした効果抜群)。
 
よし、8km走ろう。
 
この寒さのなか、選手たちがどんなスタイルで走っているのか気になり、会場に戻り、先に始まるトライアスロンB部門の様子を見に行く。
f:id:birdathlete:20151025170647j:image
Tシャツ&短パンや、Tシャツ&トライパンツ、トライスーツ、長袖ジャージ&長ズボンなど。かなりバラバラ。
Tシャツは向い風の際にバタバタ煽られているから、自分はトライウエアで臨むことに決める。
今回のレースプランは、十分にアップできなかったので(昼寝が原因)、序盤は抑えめで体を温め、ラスト3kmで全力疾走。
寒いから直前まで車で待機し、第2ウェーブのスータート地点に2分前から並び始めた。
 
■紅葉チャレンジトライアスロン 36位 0:32:47 30-39歳8位
プホ~~ン。10人ぐらいが前に飛び出す。自分はレースプラン通り、見送り。息を切らさない程度の強度で走り、スコット・ジュレックの教えを守り、鼻呼吸を心掛ける。
後ろにいた2人組みが「やべえよ、このペースは速い。抑えよう」と話しているが、自分は特に無理していないペース。このまま進む。
 500mぐらいの距離で1分前にスータートした女性を抜き始める。抜く瞬間に頑張ってしまうのは男性ランナーあるある?。
1kmラップは3:40。速い。予想以上だ。強烈な追い風と、女性を追い抜くときのパワーか。それにしてもこのペースでもどんどん離れていく前を走る選手はどんなペースで走っているんだ。
右に曲がり、Uターンし、左に曲がり、スータート地点に戻るように走る。当然向い風。大きい体の選手の後ろについてドラフティング効果を狙うか悩む。でもその選手がペースダウンして巻き添えくらうの困る。逆に、ドラフティングしたかったら俺に喰らい付いてこい、のスタンスで向い風のなかペースを維持。強い気持ちも強風には勝てず、3:55。
2〜3kmまでは長い直線。ひたすら向い風に耐えるだけ。すでに太ももはコリコリ。タイムは4:10で、心も折れかかる。
4km直前で折り返しポイントがあり、そこにたどり着くまでは10mの登り。前を走っていた女性がそのポイントよりもカラーコーン一個前で折り返してしまい、やり直しさせられていた。ドンマイ。この区間のラップタイムは4:07。遅いのは折り返しがあったから、とペースは落ちていないと言い聞かす。
5kmまでも登り&折り返しポイントがあり、萎える。でも追い風になる区間があったおかげで頑張れた。いや、一番の要因はコレ→この8kmランニング大会のために15,000円も支払っているだ!このままじゃ終われない。手に持っているガーミンをサイドポケットに入れ、ラップタイムは見ずに全力を出すだけ。
一度ゴール地点に戻り、その直前で左に曲がり、3〜5.5kmと同じコースをもう一周する。
もう、正直しんどいです。坂道と折り返しがきつい。
 
つらい。
 
1km換算1,800円のエントリー料だ、全力だせ。
 
つらい。
 
1km換算1,800円。まだやれるだろ・・・
 
つらい。
 
1km1,800円・・・。
 
繰り返し。
 
ラスト500mぐらいで男性ランナーに抜かれ、ちぎられまいと全力で追いかけ、頭フラフラになりながらフィニッシュ。
 
 
ガーミンのストップボタンを押し、確認すると32:47。4:00/kmペースに程遠い。
と思ったら誤差で距離が8.26kmになっていて、3:58/kmペースで大満足。ラスト3.26kmの追い込みが効いていた。3:45→4:09→3:53→3:30(260m)。
f:id:birdathlete:20151027092335j:image
スコット・ジュレックを見習い、コースに戻り、最後のランナーまで拍手でお出迎え。
その後、表彰式では勝者を讃え、抽選会では1番違いで折りたたみ自転車を逃し、紅葉チャレンジトライアスロンは終了。
参加賞はこんな感じ。
f:id:birdathlete:20151027092532j:image
そして会場で購入したアイアンマングッズ。
f:id:birdathlete:20151027092607j:image

マリンシューズみたいなもの。干潟の調査で使いたい。

 
今年度のトライアスロンは終了。来年度はIRONMANに出場します。ロングを完走できる力をつけるために、冬の間は長距離を走りきる力をつけます。まずは1月31日勝田全国マラソン、そして記録を狙う3月20日板橋シティマラソン。
 

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村