読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トライアスロンときどきバードウォッチング

タイトル名を「トライアスロンときどきヒルクライム」に変更しようか悩むほど、鳥見をより運動することに夢中のバードアスリートです。

月例赤羽マラソン8月

レース 野球

月例赤羽マラソン(5kmの部)に参加してきました。2ヵ月振り、2度目の参加。

今月の開催距離は2kmと5kmだけ。10kmがない理由は熱中症予防でしょう。確かに前回参加した時は6月下旬とはいえ、暑さでふらふらになったなぁ(O_O)アレハキツカッタ

 

備忘録を兼ねて、大会レポート。

***

スタートは9時にも関わらず、6時30分に起床(前夜の飲みすぎが原因)。マラソン大会の鉄則「スタート3時間前までに食事を済ます」は守れない。どうする?

でも今回は練習不足だから記録を求めていないし、たったの5kmだし、と開き直り、ご飯を2杯食べる。それから以下の物を準備して現地へ。

  • アイスコーヒー(スタート30分前のカフェイン投入)
  • 薄めのアクエリアス(現地に向かうまでにウォーターロディング)
  • ゼッケン
  • 着替えのシャツ
  • アロマオイル(今回はイナーメのオールシーズン)
  • 携帯(ガーミンを充電するのを忘れたため、Stavaでタイムを記録した)

7時40分に家を出発し、ママチャリでケイデンス高めで向かう。到着は8時10分。バックを背負っていた背中は汗びっしょり。なぜママチャリのカゴにバックを置かなかったのかを、自分に問いたい。 

f:id:birdathlete:20150825081808j:image

まずは受付に行き、エントリー用紙に記入する。スタッフから「ゼッケン番号と名前、連絡先。それから今回は申告タイムですから。」と言われる。

 (・・・えっ、申告タイム?)

(暑いから、申告タイムをオーバーしたら強制終了になるとか?)

 と解釈し、とりあえず目標タイムの20分00秒と記入。参加費500円を支払うと、スタッフから「時計は外して下さいね。表彰の対象外になりますよ」と言われる。

(・・・えっ? 分からん)

(前回は選手ほぼ全員がラップタイムを計測していたけど・・・)

とりあえず、『わかりました』と答える私はザ・日本人。

日陰に移動し、受け取った資料を読みこむ。申告タイムの記述を発見。7、8月は申告タイムと、実際のタイムとの誤差が少ない人が表彰されるそう。だから時計をしてはいけないのか。

さて、スタートの時間。スタートライン前から20番目ぐらいに並び、号砲を待つ。

その間に、携帯でStravaアプリを立ち上げ、お尻ポケットに入れる。Stravaはラップ毎にタイムを音声で読み上げたり、振動で伝えてくれるわけではないから、私は表彰対象者。

ちなみに今回のレース戦略は、前半抑えて後半に頑張る。

・スタート

団子状態かと思いきや、意外とみんな速い。2kmと5kmしかないから序盤から飛ばす飛ばす。小学生ぐらいの子供たちも速い。でも自分は抑え気味で、キロ4:20でもいいぐらいの気持ちで走る。0〜1km間の実際のタイムは不明だけど、たぶん4:20ぐらいだったと思う。

前を走る人達をじわじわパスしていく。決してペースは上げずに、あくまでもマイペースで。1〜2km間のラップタイムをあとでSTAVAでチェックしたら、4:04。結構速かった。

その後も、折り返すまでは我慢、と自分に言い聞かす。15mぐらい先には7~8人の集団が見えていたけど追いつこうとはせずに、ひたすらマイペースを維持する。心のなかは(すぐに追い抜いてやるからな、待ってろよ)競争心でいっぱい。

さて、折り返し。待ちに待っていました、この時を。

ペースを切り替え、85%ぐらいの力で走り始める。ハーハー、ゼーゼー、もがくことができる。そう思うと、高揚して笑ってしまう(すれ違う人が見たら完全に変態)。でも笑うと、キツさが和らぐと思います。2〜3km間のラップタイムは、折り返しがあったのにもかかわらず4:07。

垂れた選手をどんどんパスしていく。キツイけど、ちょー気持ちイイ。3〜4kmは、3:56。

前を走っている2人組みを抜かすと、自分と同じくらいの身長の選手が喰らいついてくる。この選手も多少は余裕があるようで、ペースを上げても付いてくる。ちくしょー、ちぎれろよと願うも、横一線での走りが続く。

・ゴールまで残り約300m

同身長の選手が先にペースアップ。

・・・無理です。

・・・お先にどうぞ。

 

やっぱり嫌だ。諦めるのは簡単だけど、レース後に後悔するのはもっと嫌だーー。

強い同身長の選手は意識せず、10mぐらい前にいる3人組み(男性2名女性1名)に狙いを定める。彼らを一気に抜き去ることを目標にしてスパート。スライドを大きく、フォームは崩れないようにして、全力でゴールに向かう。同身長の選手を抜かし、そして一気に3人組もパスして、独走でフィニッシュ。ラスト1kmは3:43。上出来です。

 

■月例赤羽マラソン 5km (正式記録がアップされたら追記予定)

 

前回よりも納得のいく走りができて良かった。 

birdathlete.hatenablog.com

 

 

午後からは野球。

・4打数3安打2打点

1打席目(右):初級のストレートを振るも、サードにボテボテのゴロ。これが内野安打。

2打席目(右):苦手な左投投手から空振り三振をくらう。

3打席目(右):ボールからストライクになるスライダーを見逃して三振。のところを審判がボールにしてくれて命拾い。次のストレートを内野に転がし、本日2回目の内野安打。ランナーが3塁にいたので打点のおまけつき。

4打席目(左):同点のチャンスで打順が回ってくる。この日初の左打席に立つ。初級のスライダーをつなりながらもセンター前に運び、2打点目。その後3塁まで進み。内野ゴロの間に逆転のホームを踏む。

 

足で稼いだヒットが多い。ランニングで鍛えた走力のおかげか。 

f:id:birdathlete:20150825081830j:image

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村