読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トライアスロンときどきバードウォッチング

タイトル名を「トライアスロンときどきヒルクライム」に変更しようか悩むほど、鳥見をより運動することに夢中のバードアスリートです。

板橋cityマラソン当日編

レース

ホットカーペットで寝てしまい、1:30と3:00に2度目が覚める。ようやく布団に移動し落ち着いて寝たら、板橋cityマラソンに遅刻する夢を見て4:30に起きる。その後は寝つけず。イマイチな当日の朝を迎えた。

 

スタート3時間前の6時に朝食。ご飯大盛り(納豆)、パン1枚(大島バター)、デカフェ1杯、プロテイン。食べ過ぎたかも。

フルマラソンに緊張しているのか、お腹壊しぎみ。プシッシャーの弱さを露呈。トイレに3度行く羽目になり、困った時の正露丸を服用。

ゼッケンを付け、着替えを用意し、それでも時間が余ったので布団に潜り込みながら携帯をいじる。遅刻が正夢にならないようにアラームは忘れずに。

さて出掛けようとすると、ビタミンCとしてリンゴを食べておくか、CCDドリンクも必要、マスクもしよう、とあれこれした結果、やや遅刻気味。慌てて自転車で向かう。

家からスタート地点までは15kmぐらい。荒川サイクリングロードはすでに板橋cityマラソンの準備が始まっていた。仮設トイレが設営され、ボーイスカウトやボランティアのみなさんが補給食の準備をしてくれている。ありがとうございます。

会場にはスタート20分前に到着。斜面にロードバイクが数台倒して置いてあったので同じように並べる。急いでアミノバリューとMAG-ONを飲み、シャツ1枚に。この時点でスタート5分前。荷物を預けるのは諦めた。

スタート地点に向かうとすでに移動が始まっていた。7000番最後の列になんとか並び、号砲を待つのみ。

 

■42.195km 3:35:58 179/194 5:06/km

9時、スタート。

ぞろぞろとスタートのゲートまで歩き始める。ふと手に持っているガーミンを見ると、衛星を捕捉していないことに気がつく。これはマズイと衛星の画面にしたり、スタート画面にしたりして、1分ほとで捕捉完了。ほっとしたのも束の間、鼻をかみたくてしょうがない。ポケットティッシュが地面に落ちていないか、沿道の応援者がポケットティッシュを持っていないかキョロキョロする。地面に落ちてはいたけど、拾う勇気はなかった。

さて、ようやくスタートライン。ガーミンのボタンを押し、初のフルマラソンが始まった。

・0~5km 

スタート直後は人混みでスローペースになると聞いていたけど、最初の1kmからそこそこのペースだった。それでも前は塞がっているので、基本は右端を走り、抜かすときは芝生を通る。この繰り返し。2km間で少しペースが上がっていたのでペースを落とす。

5:02(156)→4:45(172)→4:57(166)→4:56(167)→4:54(171)

 

・6〜10km

まだ人混みはバラけない。前を走っている人のシャツが汗で湿っている。気温は思っているよりも上がっているのか。補給所でこまめに水分補給しようと決める。

4:54(169)→4:56(170)→4:54(170)→4:49(170)→4:54(173)

 

・11〜15km

10km過ぎたところで、目標にしていたガーミンシャープのサイクルジャージを着た人が立ち止まった。オーバーペースか。やはり、予定通り30kmまでは一定ペースで。

4:54(171)→4:57(172)→4:48(171)→4:58(174)→4:53(171)

 

・16〜20km

足攣り防止のために、給水所でMag-onを水に溶かして摂取。走っているときの思考は、どのポイントでどの補給食をとるか、30km過ぎたらスパートするぞ、の2つ。

一定ペースで気持ちよく走られていたけど、心拍数は170代後半に上がっていた。

4:49(173)→4:57(173)→4:46(173)→4:51(176)→4:52(177)

 

・21〜25km

折り返し。

30kmからのペースアップを意識していたから、折り返し時にまだ半分もあるのかとは思わなかった。依然快調。ただ、摂取しようと思っていたMag-on2袋目と梅丹本舗の2RUNが背ポッケにない。途中で落としたのか。これが後半の鍵を握ることに。

4:48(180)→4:45(181)→4:54(182)→4:51(182)→4:56(183)

 

・26〜30km

四つ木〜堀切区間で、右足がピリリ。

えっ、きちゃいましたか。痙攣 (・_・;

堀切のちょっとした登りで攣る兆候が現れたので、登りきったところで5秒ぐらい屈伸。その後は脚に負担をかけないようにピッチ走法に切り替え。

千住新橋あたりで、沿道の応援者から塩タブレットをもらったり、コールドスプレーを手に持った子供にお世話になったり、本当に助かりました。体力的な回復だけでなく、精神面も救われた。

4:56(185)→4:44(186)→5:10(184)→4:47(187)→4:41(189)

こうして振り返るとだいぶ心拍数上がっていた。

 

・31〜35km

西新井橋を渡ってくぐったあたりでガーミンが不調になる。

f:id:birdathlete:20150323141124j:plain
左岸や文京区まで外れた。ツライ時間にこの仕打ちは堪えた。
痙攣は両足、右横腹、肩、もはや全身。攣ることを恐れてフォームは縮こまる。でもそんな時、右背ポッケにMag-onを発見!給水所はだいぶ先だったから待てずに、そのまま口に投入。ジャリジャリ舐めながら摂取。水なしでも摂取できるものでありがたい。
この区間、ランナーズアップデートでは25:02だったのでなんとか5:00/kmを維持できていたよう。
 

・36〜40km

今まで抜いてきた人に抜かされ始める。おっさん体型に抜かされるのは悔しく、30kmからのペースアップができていないことも悔しい。

沿道の人から水をもらうために立ち止まった際、右足が反対方向にねじれている感覚になる。これ以上止まったらヤバイと以後走り続けた。そして心拍数185〜190で走っていることで、頭がフラフラになってきた。

ガーミンのラップタイムが7:49(捕捉ミス)で表示された時はかなり凹む。いくらなんでもそこまでタイムは落ちていないと自分を信じて走り、次のラップ表示が5:31で気持ちを持ち直す。

それと、シャーベットゾーン。走る前は誰が食べるかよ、なんて考えていたけどしっかりといただきました。右手に持ち、次の補給所までちびちびとシャーベットを吸いましたよ。

 

・41〜42.195km

あと2km、けどペースは上がらない。ラスト1kmぐらいはスパートしたいのに無理。淡々と足を前に運ぶだけ。ゴール目前はサングラスを外し、精一杯の笑顔でゴール。後ろを振り返り、ありがとうございました!!

 

■ガーミン 3:35:58 

ゴール直後の補給所でスポーツドリンクをガブガブ飲み、そのあとはホットレモンティーを飲み、しばし休憩。年に数回もフルマラソン走る人は化物だな、次にフルマラソン走るとしたら応援が多い東京マラソン以外は嫌だな、なんて考えながらまったり。

f:id:birdathlete:20150323144412j:plain

帰りは途中まで自転車で。岩淵水門からは再びコースに戻り、ゴミ拾い&応援しながら歩いて帰宅。

f:id:birdathlete:20150323151720j:plain