読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トライアスロンときどきバードウォッチング

タイトル名を「トライアスロンときどきヒルクライム」に変更しようか悩むほど、鳥見をより運動することに夢中のバードアスリートです。

伊豆大島2日目(バードウォッチング&島巡り)

伊豆大島二日目は、レンタカーを借りて伊豆大島でバードウオッチング。

でも朝から雨。当然、イマイチな鳥見となり、食べ物日記に変更です。

 

まず訪れたのは、伊豆大島版の榎本牧場こと「ぶらっとハウス」。

f:id:birdathlete:20150220083157j:plain

サイクリストにぜひ飲んでもらいのはこちら、伊豆大島牛乳。

f:id:birdathlete:20150220083039j:plain

うまぁぁぁい(=´∀`)

賞味期限が短いため、本土には出荷されないのが残念。この味は伊豆大島限定。

そして、アイスも食す。

f:id:birdathlete:20150220083040j:plain

この日は6種あり、選んだのは、無難な抹茶。

f:id:birdathlete:20150220083042j:plain

ではなく、あしたばです。美味しかったけど、衝撃を受けた牛乳に比べるとパンチ力は劣ります。次訪問したら、大島牛乳でつくったソフトクリームを食べたい。

 

その後は、昔、ネイチャーガイドの方に案内してもらった場所を中心に野鳥観察。

でも成果は上げられず、

 

ザクッと省略。

 

昼食は本命のお店が団体客に占領され、ぶらぶら彷徨い、辿りついたのはお食事処「おともだち」。

暖簾をくぐると、「おともだち」になれそうにない愛想の悪いご主人&おかみさん。これはミスチョイスか、と思いつつも、食事に期待する。

f:id:birdathlete:20150220083043j:plain

嫁さんが注文したのは、伊豆大島名物のべっこう丼。1200円。

食べてみての感想は、ふーん、こんなもんか。ご飯が微妙だったのと、べっこうの魚がペラペラに薄かった。

f:id:birdathlete:20150220083045j:plain

自分が頼んだのは、地魚定食1200円。

これまた普通。荒川区の定食屋なら650円でもっとうまい。島価格ということかな。

出航時間まではお土産を購入したり、港の野鳥を観察して過ごす。

f:id:birdathlete:20150220083137j:plain

特に珍しいカモメ類には出会えず。

f:id:birdathlete:20150220083055j:plain

帰りはフェリー。もちろん、船上バードウォッチングが目的。

f:id:birdathlete:20150220083058j:plain

とにかく寒い。防寒対策をしっかりしましょう。

東京湾に入るまでが勝負だと思い、真剣に探すものの。

f:id:birdathlete:20150220083113j:plain

現れるのはオオセグロカモメセグロカモメがほとんど。成果を上げられず、東京湾に突入。あきらめて、お食事タイム。

f:id:birdathlete:20150220083057j:plain

1日目に逃した今川焼。冷めてから食べたので、ちょっと微妙でした。

地元の駅で販売している今川焼の方が好きかも。そして待ちに待ったべっこう寿司の島島弁当。

f:id:birdathlete:20150220083059j:plain

じゃーん。

f:id:birdathlete:20150220083054j:plain

「おともだち」で食べたべっこう丼よりおいしい。

そして、あっという間に寄港。

f:id:birdathlete:20151024134322j:image

また来年。