読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トライアスロンときどきバードウォッチング

タイトル名を「トライアスロンときどきヒルクライム」に変更しようか悩むほど、鳥見をより運動することに夢中のバードアスリートです。

手賀沼デュアスロン

レース

明日は板橋シティマラソン。一年前、勝田全国マラソンで痛めた膝が完治しないまま強行出場し、記録はイマイチ。しかも膝は悪化。膝の痛みとのお付き合いは現在も続いています。

格別な思い入れのある大会でなければ、DNSやDNFをする勇気も大切だと知りました。故障を抱えている全国のランナー皆様に伝えたい。

「大会を諦める勇気は、その後の幸せなランニング生活が待っている」

 

 

けど、無理。そんな勇気ありません。

お金もったいない。

痛みが出ないかも、という奇跡に期待してしまうから。

 

明日は早く起きられたら、西新井橋(確か30km)付近で私設エイド出す予定です。起きられたら・・・。

 

--------------------

さて、手賀沼トライアスロンで途切れたブログを手賀沼デュアスロンで復活します(たぶんすぐに途切れます)。

 

2017シーズンの目標は、6月に開催される「アイアンマン70.3セントレア・ジャパンで年代別順位上位30%入り」。無謀とも言える目標を達成するために、まずは手賀沼デュアスロンで追い込んできました。

 

5時起きで6時には出発。会場の最寄り駅までは電車で一本で行けるから輪行で。しかも日曜日の朝はスッカラカン。自転車も邪魔にならず快適。誰かに見られる心配がないから、車内で自転車チェーンにオイル注入しようと思ったけど、車内を汚しそうなのでさすがにやめました。

7時には我孫子着。輪行組が多く、自転車を組んでいると次々に選手が到着。元気な女性と挨拶&激励を交わし、いざ会場へ出発。知った道なので迷わず、5分ぐらいで到着。

f:id:birdathlete:20170310091809j:image

( トライアスロン以来、半年ぶりの手賀沼 )

 

道の駅で軽量化を済まし、アロマオイルを塗ったりしていると、チームメンバーから「会場に到着した」と連絡を受け、合流。やっぱり、ぼっち参戦と比べるとスタートまでリラックスして臨めるからいいね。アップをしたときにカワセミの声が聞こえてテンションもアップ。

さて、いよいよスタート。


*第1ラン21:03(4:12/km)
最初から飛ばすと第2ランで地獄が待っているから、抑え気味で入りたい。4:30ぐらいで入り4:15まで上げていくプラン。

スタートから6割ぐいの力をキープ。ガンガン抜かれる。でも周りに流さずにマイペースをキープ。というより脛の痛みが気になってあげらない。久しぶりにホカオネオネに履き替えたのがまずかったのか。ぶっつけ本番はやめよう、なんて考えながら走った最初の1kmは3:58。「速っ!!」と思わず口に出る。ペースを落とし、淡々と進む。その後は、スタートリストに名前があった有名モデルかつ競合トライアスリートな方を一目見るため、すれ違う選手をチェックしながら走る。結局見つからずに第1ラン終了。3:58→4:10→4:10→4:20→4:20、想定より速いタイムなのに、207人中65位。レベル高いぞ、デュアスロン
*バイク1:09:30(Ave34.1km)
たったの40km。Ave35km目指して飛ばす。前に64人もいるから次々に抜かしていく。禁止行為のドラフティング(風よけ)をしてくる選手にイライラ。折り返し地点の立ち上がりで千切ろうと何度か挑戦するも、うまくいかず。先にやられたのは自分の左脚。太ももを攣り、ペースダウン。
*第2ラン23:01(4:31/km)
ツライ。キツイ。イタイ。気分を紛らわすためにバードウォッチングしても、手賀沼周辺のヨシ原にはホオジロぐらいしか見当たらず。大勢に抜かれてフィニッシュ。

記録1:57:09 順位38位/207人

アイアンマンセントレアまでは残り3ヶ月。最後まで一定のペースで走りぬく力がないことを把握できました。まずは冬の間にサボっていたプールを再開します。

 

 

今シーズンのレース予定

葛西ナイトマラソン春10km(4/21)
潮来トライアスロン(5/28)
★アイアンマンセントレア(6/11)
葛西ナイトマラソン夏(7/7)
バーニングマンレース(7/29)

 

手賀沼トライアスロン2016

レース

8月はリオオリンピック&パラリンピックの観戦で忙しかったので、今更ですが、手賀沼トライアスロンのレースレポートです。

 

★★★★★★★★★

4時30分に起床し、5時30分出発。

今回は嫁さんが応援に来てくれたので、運転を嫁さんにお任せして、車内でおにぎり3個を食べ、エネルギー補給はバッチリ。

6時15分に指定の市役所第5駐車場に到着。ボランティアさんたちの誘導&声かけが素晴らしく、トイレの場所も親切に案内してもらいました。

気がつくと受付終了&トランジションのクローズ30分前なので、ささっと会場へ。

f:id:birdathlete:20160822093127j:image

手賀沼。2年前にデュアスロンに参加して以来の2回目。そのデュアスロンと今回のトライアスロンでは、バイクとランのコースは一緒。記憶ではぼぼフラット。

受付終了&トランジションのクローズまで残り10分。急いで準備を開始。

今回は補給食を自転車のフレームに養生テープでつけてみた。でも事前にフレームの汚れを落としてなかったからつけるのに一苦労。前日にフレームの洗浄が必要。

f:id:birdathlete:20160822093658j:image

スタートまで1時間、開会式が始まる。ここでサプライズ。9月のリオパラリンピックに出場するトライアスロン代表の秦由加子選手が、今回のトライアスロンに参加するとアナウンスが流れる。

f:id:birdathlete:20160822094336j:image

強いのにかわいい、と手賀沼に集まったトライアスリートの心を鷲掴みにした秦由加子選手。

f:id:birdathlete:20160822094342j:image

開会式後はみんなで体操の時間。

 

そして試泳。

f:id:birdathlete:20160822095106j:image

不透明度は渡良瀬と同じくらい(入水した手が全く見えない)。違いは水の色。渡良瀬は抹茶ミルク色で、手賀沼はカフェオレ色。

この大会2週間前から2日に1回は泳いでいてるし、渡良瀬と同じような条件ということもあって、試泳した感じでは自信あり。

一度陸に上がり、嫁さんからmag-on粉末タイプを受け取り、痙攣対策はオーケー。

いよいよスタート10分前。第一ウェーブはスタート位置につきなさいということで、早くも手賀沼にイン。でも浅いので立って待機することができたし、水温も24℃でちょうどいい感じ。

 

集団中央に並び、いよいよスタート。

f:id:birdathlete:20160823094600j:image

 

・Swim  0:32:35  143位

スタートしてから100m先で左へ回る今回のコース。しかも2つのブイの間を通らなければならず、これが狭い。我先にブイを通過しようと選手がなだれ込み、バトル勃発開始。スタートダッシュで抜き出せる実力者が羨ましい。

そこをクリアしてからは折り返しのブイまで長い直線。

まだ選手たちは密集。前に出るスペースがない。抜き去るスピードを持ち合わせていないのから、周りに合わせて泳ぐ。

ウエットスーツの締め付けのキツさが気になり、苦しくなるたびに背面泳ぎで呼吸を整える(同時に後方の選手を確認できて安心)。平泳ぎは疲れるから極力使わない。

あっという間に折り返しポイント。

ここからは選手たちがばらけて、泳ぎやすくなる。でも自分で前を見なければならないので、2ストロークに1回はヘッドアップ。

往路と復路をわけるロープを目印に泳いでいたけど、みんなはそこからかなり左側を泳いでいることに気がつく。

 

えっどうして?(^^;;

 

最初に左に曲がったブイを目標にすればいいけど、遥か前方で見えない。このままロープを目印にしてもいいかわからない。どうしよう。

結局、安全策をとり、左を泳ぐ選手たちの方へ進路をかえる。

だいぶ足を使ってしまったようで、バタ足よりも腕に頼った泳ぎに変更する。いつもの練習のようでリズムよく泳げるけど、スピードは出ない。

無事に最終コーナーをまわり、フィニッシュ。

 

T1  0:3:31

ウエットスーツをビニール袋に入れ、ゼッケンベルトと心拍計をつける。

事前にフレームにつけた補給食とは別に、メイタンの2runを靴の中に入れていたのでそれを手に持ち、それからメットにかけてあったアームカバーも手に持って・・・と時間がかかる。

計算したらT1にかかった時間は3分半!!ショートでは致命的。

次の99Tでは1分縮めよう。


スイムで予想以上に脚を使い、今までにない疲労感で、バイクスタート。

・Bike 1:12:43 Ave32.61km 97rpm 171/183
約8kmのコースを5周回。
左手にアームカバー、右手には2RUN。まずは2RUNを摂取しようとするものの、左手に持ったアームカバーが邪魔で、袋をあけられない。なんとか少しだけ開けた隙間から口に含もうとするけど、あと少しのところで袋から出ない。

そして10秒後

 

ポロッ

 

落としました(O_O)

 


そして、アームカバー。これまた一苦労。キツくて片手だけの作業では手首を通せない。DHバーを握りながら捲れば上手くことがわかったけど、99Tではアームカバーはやめよう。

ようやく準備が整い、漕ぐことに集中できるようになった。

直線基調のコースだけどくねくね曲がっているから風向きもコロコロ変わる。速度とケイデンスをこまめにチェックして、一定リズムで進むように心がける。


4週目かな?応援者の多いスタート地点すぐのコーナーで、秦選手を追い抜く。応援者の女性が「(秦選手)本当にかわいい」と声が聞こえ、心の中で激しく同意。
ラスト一周では左足がピクピク。くっ、痙攣の兆候か。落とした2RUNが悔やまれる。
ケイデンスで筋肉の負荷を減らし、脚をブルブル震わせて乳酸を散らす。

不安を抱えてトランジションエリアへ。

T2 1:27
シューズを履き、ランパートに走り出す。と行きたいのにガーミンEDGE810がマウントから外れない(バイク用のガーミンをランでも使っています)。
10秒以上苦戦していたら、審判員から「どうされました?」と心配されました。

・Run 0:45:30 9.84km 175/199
レースプランは4:30で入り、ビルドアップ。ラン開始してから勢いよく抜かされているけどマイペースを維持。最初の1kmを予定よりやや遅めの4:37 で通過。
ここでガーミンをポケットにしまう。ラップタイムでなく感覚で走りたい(ペース上がらないときにラップタイムを知ると凹む)。

心拍は余裕。脳内から「イケイケ」と指令が送られてくる。けど、脚は売り切れ。ペースを上げたくても上げられない。
折り返しポイント時に水をかけてもらったら、最高に気持ちいい。(^o^)

これでメンタルが一気に回復。

2週目へ。

コースは一直線なので単調。バードウォッチングを楽しもうと野鳥を探してみるけど、カワウしかいない。あとはセッカの声がたまに聞こえるぐらい。
二週目の折り返し。大会を楽しもうと思い、太鼓で応援してくれてるゾーンを通過するときに手を上げてお礼を言うと、不思議と気分が乗ってくる。でも直前にかけてもらった水でシューズと靴下がビショビショで重い。ZOOTやアシックスのトライアスロンモデルなら穴が空いているから水抜けるのかな。

さぁ、ラスト一周!!。ひとりに追い抜かされたので喰らい付く。ペースは上がるが、思ったよりも辛くない。

そのまま最後の折り返し。ラスト一周時に追い抜かしていった選手が水分補給している隙に抜かし、ペースアップして差を広げる。最後はスパートをかけるタイミングが速すぎてきつかったけど、後ろの選手に抜かされずにゴール
4:37→4:42→4:42→4:43→4:49→4:45→4:43→4:37→4:31→3:18

 ◼️手賀沼トライアスロン  2:35:47

 完走者367人中/59位

Swim143位、Bike75位、Run47位


◼️次回に向けて

  • トランジションで時間をかけ過ぎた。対策1.アームカバーはいらない。対策2.補給食は袋から出しておく。
  • 補給食を養生テープで取り付けたけど、途中で取れた。事前にフレームの汚れを落とす必要あり。
  • 新しいシューズが欲しい。


⬛️練習

  • バイク→ランのブリック練が必要
  • スイムはレーススピードで泳ぐ。楽な練習ばかりしていても、前の選手についていけない

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

 


にほんブログ村

ブラウンリー兄弟おめでとう

リオ五輪トライアスロン男子。イギリスのブラウンリー兄弟が1、2位。

 

最大のライバルのゴメスが怪我で欠場となり、モーラーvsブラウンリー兄弟の対決となったリオ五輪

スイムでつけた差がそのままバイクで活き、モーラーとは1分以上のアドバンテージをつける。こうなるとメダルの行方はブラウンリー兄弟がいる先頭10人に絞られた。そうなるとこの兄弟に勝てる選手はいない。

結果、ブラウンリー兄弟の独走。

 f:id:birdathlete:20160819005157j:plain

そして、兄が金メダル。弟が銀メダル。

ゴール後は二人だけの時間。

 f:id:birdathlete:20160819005140j:plain

個人的に注目していた、ゴードン・ベンソンはスイムで大幅に遅れ、ブラウンリー兄弟のアシストすることもなく、見せ場なく終わりました。

 

そして日本代表の田山選手は、残念ながらラップされてしまいました。「集大成」として挑んだリオ五輪なだけに残念です。

 

トライアスロン女子は明後日・20日(土)23時から。メダルの可能性がある上田藍選手に期待します。


にほんブログ村

8/8〜14 トレーニング記録

Run練習 Swim練 Bike練習

手賀沼トライアスロンに向けて、一週間頑張りました。

 

8/8  Run0:40

嫁さんと一緒にジョギング。

・Run0:40  5.82km  6:52/km

 

8/9  Swim0:45  Bike1:33  Run0:33

深夜3時から五輪観戦。柔道男子で金、体操団体で金。朝から気分高揚。けど7時まで見続けて眠気がピークで一度布団へ。

10時に起き、朝飯食べてからプール。

・Swim0:45  800m

夏休みのプールはとんでもない混雑。クラゲおじさんも出没し、まともな練習はできず。

近場の図書館で嫁と合流し、資格試験勉強のために図鑑を借りる。

 

夕方から、荒川でバイク練。涼しい。

・Bike1:33  46.8km  Ave30.19km  151/172

メニューは、荒川一本をそれなりに頑張る。結果、今年のベスト更新。

*1:16:24  Ave33.31km  159/172

夜は夫婦で二夜連続ランニング。

・Run0:33  4.73km  7:02/km

 

8/10  Bike0:45+0:46  Run0:33

前日のバイク練で脚がカチカチ。通勤はアクティブリカバリーにあてる。

・Bike0:46  19.0km  Ave24.71km  125/149

 仕事終わりにランニング。けど左膝が痛くて途中でやめた。

・Run0:33  6.09km  5:27/km

 帰りのチャリ。左膝の痛みはない。やはり、ランニングよりもチャリは膝へのダメージが少ない。

・Bike0:45  20.2km  Ave26.76km  131/151

 

8/11  Bike0:45+0:39  Swim0:20

朝の通勤。久しぶりに約10kmTTで刺激を入れてみる。

・0:39  19.0km  Ave28.46km  145/167

約10kmTT  17:02 Ave34.14km 157/167

帰りはゆったり。

・0:45  20.4km  Ave27.04km  124/148

 帰宅後、親の誕生日会までにさくっとプールへ。

・Swim0:20  500m

 

8/12  オフ

仕事終わりに西武球場で野球観戦。サラリーマンナイトDAYで試合後にグラウンドで遊ぶ。

 

8/13  Bike0:43+0:40  Swim0:50

通勤。

・0:40  19.0km  143/170

朝は約10kmTTで少しだけ頑張った。

*17:59  Ave32.55km  156/170

・0:43  20.4km  124/149

帰宅後は少し離れたプールへ。 

・Swim0:50

手賀沼トラに向けて、1,500mを一本。途中でレーンを移ったり、順番待ちでゆずるために小休止をして、34分で泳ぎきる。プルのときに肘をたたむと真っ直ぐかけることを学ぶ。

  

8/14  Bike0:30+1:58、Run0:42

午前休みなので、朝からローラー。

・Bike0:30  12.3km  Ave24.62km  134/151

週末の手賀沼トラに備えて、ブリック練。

・Run0:42:45  10km  171/195  4:16/km

最初から飛ばしてみる。けど、タイムは遅いだろうからガーミンは尻ポケットに入れて表示は見ない。

一度、荒川の折り返しポイントでラップタイムを確認したときに思ったより速いラップで気分良くなり、最後までベストを尽くせた。

4:50→4:34→4:13→4:16→4:19→4:11→4:08→4:03→4:07→3:45

ピッチピチのトライウェアを着て走ったおかげで、心拍ベルトがずれることがなく快適だった。

通勤チャリはゆるく。

・Bike往復1:58

 

合計  11:22

・Swim1:55

・Bike6:59

・Run2:28

 

野球観戦、そしてサラリーマンナイト

野球

ちょっと古い話ですが、先週金曜日に今シーズン3回目の野球観戦に行ってきました。

 f:id:birdathlete:20160817084712j:image

過去2試合はいずれも応援する球団が勝利しています。

・4/19  オリックスvs楽天

小谷野さんが2本の本塁打を打ち、3-2で勝利。この試合を境に、我が家では小谷野「さん」と呼ぶようになりました。

 

・6/3  オリックスvsヤクルト

交流戦。まさかのボクセビックがタイムリーで逆転する。旧オリックスの坂口、大引もヒットを放ち、大満足の一戦。

 

そして、今回は西武戦。逆天王山とも言える大事な一戦です。そう、

 

最下位争い(゚o゚;;

 

この日は仕事を早上がりして、西武球場前へ。タイミングがバッチリ合い、会社の最寄り駅から西武球場前行きに乗ることができ、乗り換えなしで、たった20分で到着。幸先良いスタート。おりほー。

f:id:birdathlete:20160812180300j:image

 

18時02分、西武球場前。

f:id:birdathlete:20160812180453j:image

神宮や東京ドーム、千葉マリンの最寄り駅と比べるとのどかな(=閑散とした)ホーム。でも駅前は賑やかで、雪ソリのブースがあったりして、最下位争いを盛り上げていました。 

f:id:birdathlete:20160816200516j:image

屈指の好ゲームになる予感もしないので、お盆の時期にもガラガラ。でも意外とオリ姫(しかも美人)が多くて、一緒に行った友人はオリックスファンになろうかなと言っていました。

f:id:birdathlete:20160816200604j:image

ガラガラです。

 

試合はシーソーゲーム。非常に盛り上がる試合でしたが、逆転負け。

 

いつもは負け試合なら即帰りますが、今回は試合終了後も西武球場に残り続けました。こんなお楽しみがあるんです。

f:id:birdathlete:20160816200857j:image

サラリーマンナイト(子供も大学生も参加できます)。

グラウンドに降り立つことができるんですよ。日によっては、守備コーチがノックしてくれたり、フライキャッチができるんです。

もちろん我々もフライキャッチに参加すべくグローブを持ってきました。けどすぐさま並んだのに500人の行列。待ち続けたら確実に終電を逃す。たった一球のフライ、しかも打ち上げるのはコーチでなく、機械。これはやめようと、外野で亀山ごっこをして楽しみました。

f:id:birdathlete:20160816201023j:image

 

サラリーマンナイトの感想。

「プロのグラウンドはいつになっても、憧れの舞台。」

 

8/1〜7トレーニング記録

Run練習

8/1 Run0:52

出勤前の朝練はおよそ1ヶ月ぶり、10kmランは10日ぶり。これでは強くなれないだろうな。

練習不足がたたり、走り出しから脚が重い。荒川までジョグ。荒川に到着してからもペースは上がらず、ジョグが続く。3km(5:02→4:49→4:52)。腰のストレッチで1:32小休止してから折り返して3km(4:37→4:48→4:49)。

3週間後の手賀沼トライアスロンまで課題が多い。

 

8/2  オフ

二度寝で朝練できず。夜までしっかり働き、帰宅は22時30分。ご飯食べ、ランブルローラーで筋膜リリースしてから就寝。

 

8/3  Run0:43  Swim0:30

葛西臨海公園を走った後、地元のプールへ。夜9時30分だから空いてるだろうと思ったら大間違い。マスターズの練習で2コース使用し、残りは3コース。4人泳いでるコースが2つ、1人泳いでるコースが1つ。このアンバランスさ、嫌な予感。

やっぱり、クラゲおじさんだぁぁぁぁ。

気力を失い、30分で500mぐらい泳いで終了。

 

8/4  オフ

朝からデイキャンプ

 

8/5  Swim0:30

野外で仕事の日。昼間は35℃超え、夕方前から雷(雷雨警報発令)。

帰ってきたらグッタリだったけど、ケーキをたらふく食べて元気が漲る。いざ、プールへ。

本日もクラゲおじさん現る。サクッと泳いで終了。今の泳力だとショートを泳ぎきることも困難。手賀沼トライアスロンまでは週3回は泳ぎたい。

 

8/6 Bike0:45+0:45  Run0:44

勤務後にランニング。練習プランは、前回のように4:30/kmペースで行き、ラスト上げる。

が、4:40/kmから上げられず、ラスト3km頑張るプラン。

4:41→4:36→4:41→4:38→4:34→4:35→4:38→4:08→3:56→3:51

・Run0:44  10km  4:26/km

・Bike0:45  19.0km  137/155

・Bike0:45  20.7km  128/149 

 

8/7  Bike0:39+0:49  Swim0:45

通勤バイク。

・Bike0:39  19.0km  149/176

野外で2時間肉体労働したら思っていたよりも疲労して、勤務のランはやめて帰宅。

・Bike0:49  20.7km  133/161

時間があったので、プールへ。クラゲおじさんが出没するプールは避け、自宅から少し離れたプールまで行く。そしたらレーンに1名ずつで、かなり快適。さくっと45分泳いで終了。

 ・Swim0:45  約1300m

 

■合計  7:02

・Swim1:45

・Bike  2:58

・Run  2:19

葛西ナイトラン

Run練習

 仕事終わりに葛西ナイトマラソンのコースで練習。同コース、同時間帯で走るのは3ヶ月ぶり。

f:id:birdathlete:20160803201816j:image

ストレッチ中に、上空からゴイサギの「クワァ」って声が響く。野鳥を知らない人が聞いたらビビるだろうなぁ。

ランニングや自転車のように野外で活動する人には生き物に興味を持ってほしい。絶対にランニングや自転車をより楽しめるようになる。なーんて思いながらスタート。

日が沈んでいきているのに野外はアブラゼミのBGMで賑やか。

開始1kmのラップタイムは4:32。おお、下りが多いとは言え、速い。このままどこまで行けるかな。

2kmまでは180ピッチを心がけつつ、登りがあるから、4:30で走るためにちょい速めのペースで向かう。結果は4:31。いいぞ、自分。

3km過ぎに、同じカラーの葛西ナイトマラソンTシャツを着た人とすれ違う。なんだか気まずい。ラップタイムは4:31、素晴らしいペース。

4km過ぎから右脇腹が痛くなる。直前に食べた煎餅が原因か。ひたすら耐える。1kmが長く感じる。やっとガーミンのピローンの音が鳴った。表示を見ると4:22。なーんだ、脇腹痛はペースが上がったことが原因だったのか。気持ちが楽になり、10km走る覚悟を決める。

5kmのラップも4:22。そして2週目へ。ここまで来ると、当初の4:30ペースはやめて、キロ4:20を意識して走る。脇腹の痛みもそこまで気にならない。6km区間は4:21。

葛西海岸(マツ林の暗い道)でママチャリを漕ぐ若い女子2名と併走。かなり気まずい。空気に耐えきれずペースアップして千切る。結果、4:06まで上がる。

その反動でラスト3kmは少し抑えて4:22で。

いよいよラスト2km、4:12までペースアップ。

そしてラスト1km。夜道にゼーハーゼーハー激しい声を出さないようにしつつ、けど目一杯走る。ラスト100mはポケモンゴーをやっている若者たちを蹴散らすようにダッシュで走りきり、3:52。

 

・0:43:21  10.02km  4:20/km

*参考までに5月4日の記録  0:45:58  10.05km  4:34/km

 

汗だくだったので、人気のない場所に移動してからTシャツを脱ぎ、ストレッチ。誰も来ないと思っていたら、ポケモンゴーな親子(母、年頃の娘)がやってくる。夜道に上半身裸の男がいたこと年頃の娘はビビり、それを察した母が「大丈夫だよ、おいで」と声をかける。

その母に「ここは必ずしも安全な場所じゃないから気をつけて」と注意したかったけど、上半身裸の男が言ったらかなり危険なのでやめておいた。